若い方でもおこる褥瘡とはつまり床ずれ

2014.03.02

近年は若い方でも褥瘡になるそうです。

褥瘡とは一般的に「床ずれ」とも言われ、持続的に皮膚を圧迫されると、組織に栄養や酸素がいきわたらず、圧迫部分が壊死(腐ってしまう)することを言います。

寝たきりの老人がかかりやすく、また老人はご飯の摂取量が減るのでもともとの栄養不良も悪化の原因となります。

近年、インターネットやスマホの普及などにより家では座りっぱなしの方が多いようです。また無理なダイエットや運動不足なども若者の褥瘡増加につながっているようです。

おしりは座っていても、仰向けになって寝ても、圧迫されやすい部位ですので褥瘡の好発部位になります。

座位が続く作業をする場合は円座を使用したり、1時間ごとには軽いストレッチをするなど血行をよくすることが大切です。

皮膚の再生を促すために、たんぱく質や糖質、亜鉛・マンガンをはじめとするミネラルの摂取も大切です。食事を抜くなどの無理なダイエットは褥瘡につながります。

症状がひどい場合は医師に相談してください。褥瘡治療の軟膏や絆創膏のようなテープなどもあります。

若くても、おしりのトラブルにご注意を。

関連記事

ブログ管理人

ねこ茶

吾輩は猫なのだ!お尻の黒ずみについて調べる機会があったので、今回飼い主に代わって改善方法の手順をまとめてみたのだ!お尻のブツブツも改善するかもにゃ。